フリテンルール

フリテンルールは中国の麻雀には見られないものですから、発生当初は賛否両論があったと思われます。

他人が振り込んだものに対して自分が払う行為が理不尽であると考えた人もいたでしょうし、自分の放銃という行為で迷惑をかけるなら、いっそのこと全額払わせてほしいと考える殊勝な人もいたでしょう。

いずれにしても麻雀の歴史を事細かに追うことは筆者の領分ではありませんが、個人的に興味深いとは思います。

ところでフリテンルールに関連した日本式ルールについては、他にも様々な決まりごとがあります。例えば「放銃一家包」と呼ばれるルールはよく知られています。

難しいルールではなく、ロンについては1人払い、ツモについては3人払いという単純なルールです。皆さんもよくご存知のルールでしょう。

また途中リーチのルールも日本特有のルールと言えます。これらのルールが日本式麻雀を下支えしている現況に鑑みると、今後も世界的には珍しい麻雀が日本で展開されていくことになりそうです。

ガラパゴス麻雀とも呼ぶべき我が国の麻雀を私は愛していますが、皆さんはどのようにお考えでしょうか。

       

麻雀で長生き!DuTempsのTOPへ